事業主用カードローン
Crest for Biz

安心の銀行系
三菱東京UFJ銀行カードローン

大口融資なら
みずほ銀行カードローン

事業者ローン審査ナビ※事業資金の借り入れするならココがお勧め

 

事業主用カードローンなので『借入は年収3分の1まで』という総量規制にも当てはまりません。最短で申込みした日に振込が可能なので、急いでいる方にお勧めです。
実質年率 6.0%〜18.0%
借入可能額 30万円〜300万円
融資スピード 最短即日
総量規制 対象外

 

銀行キャッシングなので金利が低く、無理なく返済プランを立てれるというメリットがあります。最短即日でカードが発行されるので急いでいる方にお勧めです。
実質年率 4.6〜14.6%
借入可能額 10万円〜500万円
融資スピード 最短即日
総量規制 対象外

 

最高融資額が1000万円なので大口融資を希望している方にお勧めです。融資限度額内であれば、好きなときに好きなだけ借入することが出来るので便利です。
実質年率 4.0-14.0%
借入可能額 10〜1000万円
融資スピード 最短即日
総量規制 対象外

事業資金の借入について

走る

事業資金を借りるのは、まず、金利の安い日本政策金融公庫からの借り入れを検討するのがよいでしょう。日本政策金融公庫の国民生活事業は、小企業や創業企業に対する事業資金融資をしています。1企業あたりの平均融資残高は651万円で小口融資が主体となっています。

 

日本政策金融公庫には「新創業融資制度」があり、事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金の借り入れができます。無担保で、保証人も必要なく融資限度額は1,500万円です。返済期間は設備資金が10年以内、運転資金5年以内(特に必要な場合は7年以内)です。金利は融資期間によって異なりますが、5年以内の場合の基準金利は年3.70%、最低金利は年2.30%となっています。

 

「企業活力強化資金」は、卸売業小売業、飲食業、サービス業を営む人に対する融資で、融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円)、返済期間は、設備資金20年以内、運転資金5年以内となっています。

 

申し込みたい方はまず、事業資金相談ダイヤルに電話をするか、日本政策金融公庫支店窓口で相談してください。その際、最近2期分の決算書(個人営業は申告決算書)や創業計画書を持参していくとより積極的に考慮してもらえます。相談後の申し込みは、所定の借入申込書に記入し、直接または郵送で提出してください。日本政策金融公庫のホームページでも申込の受付ができます。ただ、日本政策金融公庫の借り入れは、審査に時間がかかるので、十分余裕を持って申し込んでください。

 

次にお金を借りるところとしては銀行や信用金庫になります。融資には「信用保証協会保証付き融資」と「プロパー融資」があります。

 

信用保証協会保証付き融資
信用保証協会が「公的な保証人」となる制度で銀行にとってもリスクが無いので、融資しやすくなっています。起業を考えている方や起業して間もない方は、この方法で、資金の調達ができます。

 

プロパー融資
銀行の独自の判断で、融資をするかどうか決めるもので、普通は、実績のある企業にしか融資が行われません。「プロパー融資」の一種で「ビジネスローン」がありますが、これは保証人も担保も必要なく、数千万の事業資金を数日の審査で融資するローンです。

 

そのほかにノンバンクのビジネスローンを利用するという方法もあります。ノンバンクの場合は原則来店の必要が無く、銀行よりも審査が早く、即日有し可能な場合もあります。ただ、金利は8.000% 〜 18.000%などと銀行よりもかなり高くなっています。

 

そのほか、消費者金融のフリーキャッシングを利用するという方法もありますが、消費者金融は総量規制の対象になっていますので、すでに年収の3分の1の借り入れがある場合は申し込みができません。

 

消費者金融は手軽に利用できるので、当面不足している数百万の事業資金を借りようと思うかもしれませんが、金利が高いので、資金が回らなくなる可能性が大きくなります。ですからノンバンクのビジネスローンや消費者金融の利用は安易に行わないほうがいいです。まずは、公的機関か銀行からの借り入れを検討してください。